ごあいさつ

昨今では大手仏壇量販店や家具販売店、100円均一点に至るまで安く便利な物が巷に溢れております。
いつ頃からでしょうか、人々は好んで使い捨ての商品を求めるようになりました。
それを言う私も日常生活で頼ることが多々ございます。

しかし、私共は製造業として1職人として御仏壇の業界だけはその流れに染まらぬように守り続けて行きたいと強く思います。
なぜなら御仏壇は人々が世代を通じて手を合わせる物であり、何より心のよりどころだからです。

当社に営業だけの担当はおりません。
皆『ものづくり』の難しさ、大切さを体感した者達です。

職人が直接お客様とお話しすることで意味のある打ち合わせが出来、『営業のみの人件費』が発生しないことで、お客様に撮ってもより意味のある仕事が出来ることに意義を感じているからです。
『TVラジオ広告』や『折り込みチラシ』等の広告費も製品の金額に含まれておりません。
御仏壇本体は全てメイドイン新潟の自社製作であり、このHPも代表自ら制作しております。
それは、お客様がご負担する金額は広告ではなく『御仏壇』のためにあるべきだと確信しているからです。

私共の夢は『本当にイイ物を作るあらゆる分野の職人と力を合わせ【職人の町・新潟】にすることです。』
「買い手は見る眼があり、作り手は拵える腕がある。」長く使える大切な物を選んで頂きたいのです。
家族で営む小さな会社ではございますが、私共の想像できる限りのことを可能な限り実現に向け日々精進して参ります。

お仏壇のこと

木地

 

当社は元々お仏壇の木地屋でした。

先代の時に完成品まで仕上げるようになり、現在ではそのノウハウを活かしそれぞれのお客様の『ご予算』『寸法』『宗派』『その他ご要望』に沿ったお仏壇を、一つ一つ丹精込めて製作しております。
現在では木地からお仏壇を作ること自体が珍しくなり、それが当社のもっとも大きな特徴になりました。

木地はお仏壇の基礎です。

たとえ仕上がりが美しくとも、基礎がしっかりしていないお仏壇は長持ちしません。

塗られてしまえば見えなくなる木地ですが、だからこそ大切にしております。

塗り

 

①強固に美しく仕上げる
最低でも、下地は3回・中塗り1回・上塗り1回・本塗り1回は手をかけます。

なぜなら下地が薄いと経年の劣化ではがれてしまう可能性があるからです。

そして言葉で伝えるのは難しいのですが、薄くてカチカチのお仏壇より、厚くふっくらした光沢のあるお仏壇のほうが貫禄があって見栄えが良いのです。

 

②見えないところも塗る

例えば見えないからと言ってお仏壇の裏や屋根の上側などを塗っていないお仏壇は、木地むき出しの部分から少しずつ湿気が入り込み、果ては割れてしまうこともあります。

 

③丁寧な水研ぎ作業

「研ぎ」は塗りの行程の中でとても重要な行程です。

当社では下地の段階から、一回塗るごとに職人の手作業で丁寧に水研ぎしています。

お仏壇のすべての部品にほどこさなければいけないことと、素手を触れてはいけないので神経を使う根気の作業ですが、なめらかでふっくらとしたツヤに仕上げるためには欠かせない作業なので、製作するすべての塗り物にほどこしています。

金箔

 

金箔にもいくつもの種類があることをご存知でしょうか。
一般的にお仏壇に使われる金箔の中でも最も純金の含有率が高い1号色や、含有率が低く安価なため使われる頻度の高い4号色等があります。
写真では分かりづらいですが、大切なのは新調時の色ではなく経年による酸化の度合いです。

4号色が赤黒く変色する時期になっても1号色の金箔は当時の輝きのままです。

当社で使用する金箔は全て『金沢さんの1号色』に徹底しております。
お盆や正月の時期になると仏壇掃除のご依頼も多く受けますが、納品後10年以上経ったお客様の仏壇掃除に伺ってもホコリはあっても金箔は新品同様のままです。
それが、私たちが1号色をのみ使用する理由です。
10年後に後ろめたさを感じる製品は作りたくないのです。
お客様からこんな話を聞いたことがあります。
仏壇の営業さんから『お仏壇は年月が経つと金が赤黒くなって味わい深いいろになるんですよ。』これは言い換えれば1号色を使用していない口実です。
お仏壇は亡くなったご親族が住む家でもあります。
金仏壇においては、極楽浄土は常に明るく煌びやかであるべきだと私たちは考えています。

金具

 

金具には様々な種類があります。
まず加工方法として『プレス金具』『手打ち金具』があります。

プレスにはプレスにしか出来ない溝の深さや絵柄があり、手打ち金具には味のある個体差や美しさがあります。
当社ではお客様との話し合いの中でご要望に応じ見栄えよく選択します。
それぞれの個性を適材適所バランスよく打ちます。

また、表面の仕上げ方にも違いがあります。
例えば『本金メッキ』と『金色(きんしょく)』です。
本金メッキは純金をメッキ加工しているので純金そのものの色をしているのに対して、金色は独特の黄色っぽい色で人工的な色味なので見た目でその差は分かります。

さらに金色は錆や緑青(ろくしょう)が発生しやすいのに対し、本金メッキは保護力が高く耐久性が強いのが特徴です。

 

その理由は、純金をメッキ加工するまでに『乾燥』『下地』等のいくつもの工程があり、最後のコーティングに至るまで丹念な職人技があるからです。
それゆえ、価格は大きく差がありますが、当社では内金具のすべてを『本金メッキ』されたものを使用しています。

新調された時点での色も全く違いますが、長い目で見てもそのほうが良いと考えているからです。

 

こだわりは金具を打つ真鍮釘にもあり、真鍮釘も全て本金メッキ加工しています。

そうしなければ経年で酸化し左下の図のような違いが現れるからです。

たかが釘、されど釘。 丹精込めて仕上げた御仏壇を釘のために台無しにしたくないのです。

外金具の模様の溝は全て当社にて『1号色の金箔』で金入れをしております。

仏具

 真鍮の仏具には大きく分けて3つあります。

①真鍮(おみがき) ②金色(きんしょく) ③本金メッキ の3つです。

当社でお付けする金の仏具は全て③の本金メッキを使用しております。

 

なぜなら①のお磨きですと、最初の内は良いのですが、数年後すぐに参加して黒ずみ、左図のようになってしまいます。

しっかりと磨けば元に戻るのですが、その後も同じように黒ずみ繰り返します。 また、白い磨き粉が溝に入り込み残ります。

そして、毎回仏具を取り出す際に仏具を倒してお仏壇を傷めてしまった例も多々あります。

②の金色(きんしょく)は色があまり美しくなく、本金メッキより耐久性が弱いので経年の使用で地金が出てきて、まばらに①と同じようになってしまう場合もあります。

③の本金メッキは①とは逆で、決して磨いてはいけません。

ホコリが気になったら柔らかい布で乾拭きをすれば純金の輝きを保ちます。

 

当社では金以外の真鍮仏具も、強固なものを使用しておりますので、扱い方は本金メッキと同じです。